Showing posts with label Friend. Show all posts
Showing posts with label Friend. Show all posts

Mar 29, 2020

素振り

カレーの旅。

ほぼ毎日夜、試作を、繰り返し

ナニワシェフは頭を抱えていますが、楽しそうです。

僕は野菜を切る事も許されない感じて、感想を言う役。

たまに食べるシンプルなパスタが美味しーってなる感じです。

まだメニューは決まっていません。

お店に来てくれたお客様に食べてもらう事もありました。

が、なかなか納得行かないらしくナニワ君は迷走中。

曲でもそうなのですが、

バンドで新曲100回位演奏すると

何となくゴールが見えだし200回位で曲が

生きてくる感覚があります。

今も、とんでもない難しい曲を毎日連絡しています。

オーストラリアツアーに行きたい。

って気持ちがバンドに出だしてから

みんな影で素振りしてるんだと思います。

あんまり簡単に上手く行くと意外に面白くないのかもですね。

なので前日まで毎日カレーを作るしか。

何となくですが、(とてもイヤな目カレー)が見えて来れば

また次の壁でしょう。

って事は、楽しみながら続けるしかないですね。




























Nov 28, 2019

KITA宅


岡山からいつも夫婦で来店して頂いている岡山の建築家の木多氏。

ステキだったので日記で載せたい。

と無理を言ってお願いしました。ありがとう🐰

この温度感がいいですね。

とても平和な温度なんだけど凛とした空気感もある。

天井や壁の照明もイイな。

TV台の色をチャコールにする辺りにセンスを感じます。

みなさんぞ参考になると思います。

最後につけた動画の<Blake Lively> の家もすごい素敵です。

レンガの雰囲気がとても好きです。

それではどうぞお楽しみくださいませ。





はじめまして。岡山在住のキタと申します。

この度、自宅マンションのリノベーションをしたのでその事について少し書かせてもらうこととなりました。

僕は3?歳男性で、妻、娘二人と一緒に暮らしています。リノベーションに至った経緯としては、子供が大きくなって手狭になってきたのと、設備や水回りなども古くなったため思い切ってフルリノベーションするはこびとなりました。

建築に関わる仕事をしていて自宅という事もあり、自社施工で設計からコーディネートまで好き勝手にしております。

リノベーションするにおいてまず一番に大事にしたのは、「家族が心地よく暮らせる」という事です。

こう書くとそんなの当たり前じゃないの、と思いますが商売というのは当事者(注文者)意外の勝手な思惑が大きく組み込まれてしう事が多くあります。(例えば建築だと間取りや材料をパターン化して効率を重視し、利益率をあげたい、、など)

もちろん会社がなりたたなければ注文も出来ないのでそれも大事な事ですが、そこを重視しすぎて提供するものが見合ってない、という本末転倒な状況も多々あると思います。

そういった場合、当事者である注文者に制限がかけられるカタチとなるので、満足いかない商品を手にして、ずっと不満を抱えながら暮らしていかなくてはならない...というおそまつな結果になってしまう事があります。

こう考えると、自分たちの暮らしに見合った商品を手にするというのは、シンプルで当たり前の事なのですが意外と難しいんですよね

話がずれてしまいましたが、
心地よい暮らしというのは何か、と家族で考えたときに下記のようなポイントを重視する事にしました。

□ 自然素材を取り入れた、明るく爽やかな空間

□ 手を入れながら愛着を持って使える設備環境(キッチンや洗面台など)

□ 家族の気配を感じながら過ごせる、プライベートスペース

□ シンプルで飽きのこないインテリア

大まかにはこんな感じです。

この部分を家族で共有して、舵取りはすべて任せてもらいました。

これは経験上の持論ですが、何事も船頭は一人のほうが結果は上手くいくのではないかと思います。(会社で例えると、社長が二人いると方向性がぶれたり、周りの人間もどちらに支持すればいいのか迷ってしまいますよね。

そして信頼できる参謀がいること。
こちらは妻です。選択肢に迷ったときなどは大いに助けてもらいました。

そして頼れる部下。
それは子どもたちです。
小学生と中学生の娘二人ですが、引っ越しや組み立てなどとても活躍してくれました。

そしてなにより、妻含む彼女たちの笑顔が心の支えでしたね。

好き勝手できるのは良いですが、通常の仕事外で、設計、図面作成、選定、コーディネート、資金計画、現場立会い等、やることが山積みでなんどか挫けそうになりましたが家族と同僚おかげでこのリノベーションをかたちにする事が出来ました。

最後にもうひとつ、空間づくりにおいて僕がとても大事に思っているのは「空気感」演出です。

レースカーテン越しに入り込む優しい日差し。

心地よい音楽と一杯のお茶。

夕食後の家族で過ごすたわいもないひととき。

こんなイメージが持つ「空気感」に僕の個性をさりげなく添えて。

何がソコにある、というわかりやすいものがある訳ではないですが、どこか心地よい空間。

写真では伝わりにくいけど、こだわって選んだ素材の持つ美しさ。

そういったイメージをひとつひとつカタチにしながら我が家のリノベーションはカタチになりました

けして広く贅沢なわけではないですが、身の丈よりちょっぴり背伸びするくらいの素敵な暮らしができるマイホームに、刺激を受けながら楽しく暮らしています。

そして、高井さんのデザインにもそういった空気感や美しさを感じます。

袖をとおしてわかるフォルムや素材感の良さ。

流行からのちょうどいい距離感。

ベーシックな中で垣間見えるズルいこだわり。

お店が堀江にあった頃からファンになって十数年。

いまだに新しいコレクションが楽しみでワクワクします。

僕もまた、誰かにとってそうでありたい、と日々思う次第であります。








Oct 1, 2019

イヤな目 in キルギス。

今日はナニワ、キルギス旅行記です。

いつも何かあると<俺ゆとりやからとか、O型やから>とか

あー言ったらこう言う自己肯定の多いナニワ君。

僕の勝手なイメージで公務員の方って地元の同級生と結婚とか安定感あるから

とか<愛と現実を分ける人が多い>イメージを持っていました。

勝手に決めつけててごめんね、ナニワ君🐰

ですが今回の彼は違いました。

<真実の愛を求めキルギスへ。>

帰って来ていきなり体調不良で寝込んでて何日か前<日記書ける?>

と聞いたら<今日は漫画見るから明日。決めてます。末っ子だから>

と<今度は末っ子かー。>

流石ナニワ君です、一本取られました。

YUKIちゃんもナニワ君と仲良くなって

かなりムカつく所があるみたいで、<ムカつく。>って言っています。

そんな人気者のナニワ君の旅行日記楽しんでみて下さい。

かなりムカつきます。神だわ💕

今日はナニワ君に中国人の友達のチンちゃんを紹介します。


<真実の愛を求めて> ナニワ

9/13〜23まで中央アジアのキルギスという国に行ってきました。

旧ソ連圏で公用語はロシア語です。

今年ゴールデンウィークに行ったときに空港でシャイーラという知り合った女の子とライ

ン的なアプリの電話やメールを駆使して友達になったので、その子に会いに行くのが今回

の旅行の目的。

関空から韓国経由でカザフスタンへ。そこから国境バスで五時間のところに

キルギスの首都ビシュケクがあります。

シャイーラとはデパート前で待ち合わせて、マルシュルートカという乗り合いバス

で40分走ったところにシャイーラの家(露語ダーチャ)はありました。

こうして長女シャイーラを含む三姉妹プラス両親と犬ボイカと猫ゲナとの

濃厚な一週間お泊り❤️旅行が始まったのです。

夜到着すると、ご馳走が用意してくれていて、プロフという名物料理と色々なデッシュが

豪華だったのですが、一番ビビったのは、床にご飯を広げて皆で囲って食べるのが、

キルギスのトラディショナルスタイルということです。

そして夜にはお父さんとの同じ寝室で隣で寝るという熱烈歓迎ぶり



とはいえ、そこからの生活は二女が10月に遠くの地元で結婚するので、シャイーラもそこ

でフルで有給を使うため、休みが取れず、正直いうと退屈な日が結構ありました。

平日昼間はだいたいお父さんハッサンとお母さんアイシャとお話して、犬ボイカと猫ゲナをいじる。


両親は英語は話せないので、僕らは幼児レベルのロシア語で片言会話。

お父さんは散歩に連れてってくれましたが、正直いつも同じ近隣住民と牛に挨拶して、ち

っちゃい個人商店(露語でマガジン)に寄るくらいです.



最後の方はだいたいのご近所さんに顔を覚えてもらったと思います

正直秋田県くらい田舎ですね。秋田県行ったことないけど。




ある平日は二女が嫁入りするため、お母さんが布団や座布団を作って新居に送るための綿

ワタを買いにバザールに行きました。

この大量の綿ワタは日本ではあまり見ない光景です。




またある日は近所に日本人が住んでいるから会いにいこうということで、歩きまわって結

局会えなかったのですが、途中軍隊の演習場みたいなとこがあって、父ハッサンが退役警

官ということで、ドコドコ入って軍人を捕まえて、この近くに日本人住んでないかと聞くのです。

実弾ではないはずですが、普通にガス銃的なやつでみんな軍人がパパパパンと撃っている

ところを通ったので僕は生きた心地が全くしませんでした。ホラー映画より怖かった。

モスクワからの出稼ぎ帰りで家にいた二女アルテナイは英語がよく話せたので色々話しました。

マイペースで強いO型の長女、いつも寝いてるシャイな三女クルプナイとは全く違う、

事洗濯を完璧にこなし、来年には弁護士になる完璧型のA型です。おまけに回りへの気付いもバッチリ。

彼女には、僕の長女への下心も気付かれていたはずですが、そこにはあまり触れられませんでした。

出稼ぎ経験のある二女に、ロシア人美女にも興味のある僕はロシアやロシア人のことを色々聞きましたね。

今まで会ったゲストハウスのロシア人は無口で少しシャイなイメージがあったのですが、

二女曰く、そうではない、ただロシア人は外国人嫌いなこと、特に私やあなたのようなア

ジア人はよく思っていない、とのこと(実際、中央アジアからの出稼ぎはロシアでの印象は
悪く政治問題になっている)

そこでまた僕はロシア人美女を密かに狙っていることも見透かされたような気もしました。

他にも、キルギスで近所に住んでるロシア人は好きだ、とかキルギスの月給はせいぜい200

ドル程度で生活が出来ないからモスクワに出稼ぎにいく、とかキルギスの学校には、ロシ

ア語学校とキルギス学校があること、キルギス人欧米諸国への憧れとかも聞きましたね。

マントウ(中央アジア餃子)の作り方を実際に教えてくれたりもしました。基本料理はこちら

でも女の人がするものみたいです。

まだまだ最後の週間の3日間のこととかシャイーラのことは全く書けてないですが、続きません。

ウケる。
















Sep 30, 2019

ギャルでーす卍💕

今日ナニワ君の日記の予定でしたがまだ出来ていないみたいなので

22歳の元鬼ギャルでフラットメイトのYUKIちゃんに日記を書いて貰いました、ウケる。

僕の中でギャルは日本の消費や勢いを活性化させている

ポジティヴな方々。

男が弱くなりすぎて女性がそうなって行くしかなくて進化した

日本女子だと思っています。

YUKIちゃんもオーストラリアに留学して世界に羽ばたいて欲しいです。

ギャルのお箸の時の爪事情

や以外に納豆ごはんが好きなのも意外でした。

最近ナニワ君とも仲良しになってとても素直なギャルです。ウケる。

では、どうぞ。



初めましてこんばんわ🐰YUKIです🐰

この前高井さんがブログで私について書いてくれて
テンション上がりました😂💌


最近高井さんとジムに行くようになって毎日シバき倒されてます💔
パーソナルのジムも行ってて、そこはムキムキのイケメンばっかりなので
目の保養にしてます😉

ジムの後に飲むプロテインってなんであんなにウマイんだろ、、、、、神だわ

パーソナルが終わったら、高校からやってたhiphopダンス
再開しよかな〜ておもて今日久しぶりに屋上で踊って見たけど、楽しすぎた💕💕










ブランドのキャップが欲しい💕って高井さんに相談したら、私の見せるデザインは
ザイルっぽいとかゴスだとか色々言われてもうなに買えばいいか分からん(;ω;)

とりあえずノリで好きなやつ買っちゃおう😇


高井さんが気に入ってるウケるってやつ、もはやギャル語でもなんでもない笑
面白がって使ってるからもう古いとは言えない!!!!



前ブログに載せてもらった私のネイル、パソコンのキーボード鬼打ちにくくて泣いてる
ぴえんだあ〜😭💔




ここからは私の偏見120%で書きます🤗

薄いデニムのスキニー➕蛍光色スニーカー
黒髪重めマッシュ➕古着

これ、私の中で付き合っちゃダメな男だと思ってる卍

注意しよ〜〜〜〜〜〜〜怖い。偏見ですごめんなさい😜




つまんない内容でスミません😓

シェアハウス毎日楽しいです💕
読んでくれてありがとうございました💕



ぎゃる極めまーす😍


最後に、最近の私のお気に入りのちゃんみなちゃんの曲💕
ブログ書けて嬉しみ水産丸です💌

おやすみなさいっ🙁




Sep 29, 2019

それ、ラテン系だよ。TOSAO君

<どうだった?>

<僕、オーストラリア人じゃないですね。イメージと違いました。>

と。

TOSAO君が帰って来ました。

どうもオーストラリア人はタイプが居なかった。と

で、タイプの女性の写真を見せてもらうと完璧にラテン系でした。

なので、今度スペインに行くみたいです。

ちなみに下から4番目の写真のウエイターの女性がタイプみたいです。

僕のまわりのオーストラリア人女性はストレートに意見を言う感じかな?

日本の様に、本音と建前がなくめんどくさくない人達で好きです。

で、楽天的。コレはアメリカ人と同じですね。

それといい意味で気が強い。

ファッションは場所によって全然違うらしいです。

オーストラリアは寒かったらしく15度から5度くらいだったみたいですね。

TOSAO君はものすごい勢いで英語が上達しているし行動力もあるのですぐ

見つかりそうです。

帰国して昨日からトレーニングで体を鍛えてるあたりも行動が早い。

今度、外国人の友人に胸を張って紹介しようと思います。

あっ、そう言えばナニワ君も帰って来ました。

この2日体調不良で病院に行って寝込んで居ます。

中々な事があったので明日本人に書いてもらいましょう。

今日はオーストラリア人で好きな<BEN LEE>のこの曲を。

後、今一番日本円が高くオーストラリアは行きどきみたいです。

僕もまだ行った事なんですよねー。