Jan 28, 2017

Movie

高井です。


川崎くんがレコーディングのムーヴィーを作ってくれました。

川崎くん。撮影の時もVetementsのフーディーを着てました。

<それ、頂戴。>って言ったらくれませんでした。

そんな心の狭い川崎くん。

そんな川崎くんのために和訳を。


<say you,say me>

君と僕。いつもそう言おうぜ
それがあるべき姿
君と僕。そう、やりあおうぜ
自然にね

すごい夢を見たんだ。
公園で人々が暗闇の中で遊びに興じてるんだ
遊びって、仮面武道会
で、疑いの壁の後ろで鳴き声がしたんだ
人災の寂しい高速道路を進んでいくと

一番難しい事って
1人や2人の友人を見つける事のように思う
手助けしてくれる人さ
道に迷ったと感じた時を理解してくれる誰かさ
いるよ、<教えてあげるよ>って言ってくれる人が







Jan 27, 2017

LUNGE

高井です。

ドイツから<LUNGE>入荷

ドイツ発のシューズブランドといえば<アディダス>と<プーマ>

これも兄弟で、弟がアディダスで 兄がプーマ。

後、サンダルだと<ビルケンシュトック>が有名ですね。

このLUNGEは、いまだにドイツの北部のハンブルグ近郊の自社工場で生産されています。

僕はボクシングをやっていたので足裏感覚が敏感です。

LUNGEに初めて足を入れた瞬間に<本物だわ、これ。>って思いました。

アメリカや日本にはないデザイン。

じわじわとかっこいいと思ってきます。

普段アディダスの僕も、この新鮮さにやられました。

NBも負けますね。

後、質感。

手に取ったらすぐに築かれると思います。

良いブランドの特徴ですね。

ぜひ、実物を見に来てみてください。

別格とはこの事です。

RED  37800yen

CHARCOOL 34560yen







Jan 26, 2017

BY RAINBOW LINK

高井です。

発売日から好評で完売目前の<BY RAINBOW LINK>

追加分が再入荷しました。

次はいつになるか未定です。

重い腰を上げてお急ぎください。

PWR BTTMも絶対好きだと思います。






Jan 25, 2017

Champion

高井です。

<Champion>

1919年ニューヨーク州ロチェスターで、エイプ&フェインブルームの2兄弟が始めた

ニットウェアーカンパニー。

高い品質を認められたchampionは、後に米軍”MILスペック”とゆう軍装品に関する厳しい

基準をクリアし、正式に採用されたブランド。

”ザ キング オブ スウットシャツ” 


FUN STUDIOでも今季から取り扱いのmade in USAラインは、

今もノースキャロライナで作られています。

皆さんご存知のchampion。アメリカでは青春時代をチャンピオンと過ごすと言っても良い位

色んな大学がチャンピオンのスウエットを採用しています。

シェアハウスのアメリカ人のコリンも未だに母校のチャンピオンのフーデットパーカーを愛情をも

って着ています。

赤、緑、黄色3色も持っています。

リヴァースウィーヴのあの厚いタフな生地感。

あの肉感を作れるのはチャンピオンだけです。

僕もスウェットシャツといえばチャンピオンが普通でした。

今でこそおしゃれなブランドのイメージですが、L.AやN.Y以外の大都市以外

アメリカ人の間ではスポーツや大学のスウエットのイメージです。

もうすぐ。Men’s Lady's共に色々なchampionが入荷予定です。







Jan 24, 2017

高井です。

& FUNのEASY POCKT JEANSがウケるわけ。

去年の夏には2017春夏も見えてたので先を見越して作ったからだと思います。

今年セレクトでもアメリカから入ってくるバンドTee.

BIG SIZE来てもこのとうり。

スキニーに合わせるより今でしょ?

そう、僕は未来を企んでいたのだ。笑

残り少なくなっています。

後悔しないように。

で、アメリカからもうすぐ到着するバンドTEEなどをちょこっと。

たまにはダサいのもいいじゃない。

音で言うとこんな感じ。

ギリギリアウト。











Jan 20, 2017

高井です。

風邪でふらふらです。

が、仕事をしましょう。

フランスから届きました。

<BY Rainbow link>

Designer  Debore Weinberger / デボラ ワインバーガー

視線をくぎずけにするデザインが特徴なフランスのアクセサリーブランド 

ByRainbowLink(バイレインボーリンク)。

旅が好きでさまざまな文化に興味を持つデボラ ワインバーガーが、

細部にこだわる才能を余すことなく発揮し、世界各地で得た’インスピレーション’

を形にします。

キュートなByRainbowLinkのブレスレットは全て手織りで、どれも小さなモチーフや言葉

が織り込まれているのが魅力です。

他のブレスレットや時計を組み合わせても互いの魅力が引き立ちます。

彼女のお気に入りは、やはり(眩しい色!)蛍光色 ByRainbowLinkのブレスレットは

どの季節にも合うようにデザインされています。


写真を見て、(ピン!)ときた方はワールドワイドですね。笑

フランス人て、小物のテクニックがすごいんです。

そのあたりニューヨーカーと近い感性だと思います。

シンプルなシャツやカットソーに、ジャラジャラ時計なんかと一緒に

つけるのが気分ですね。

僕の太い腕にも大丈夫だったので、男性も大丈夫なサイズです。

商品は3個で1セットになります。







Jan 15, 2017

New Arrival / GEEK

高井です。

F/CE / WIDE EASY PANTS

S / M

Color  BLK  / L.KHAKI

YEN 19440

MODEL     165CM  57KG

シャリシャリした生地が気持ちいい。

2タックのWIDEのEASYを腰パンで。

90’Sのようにtuck inしてもリアルですね。

ミーハーでいいと思います.

今日は大阪、雪が降りました。

少し見栄を張って春夏先取り。

先取りすぎか。笑

ちょっとTOM WAITSな感じで。

なのにハイテックなスニーカーな感じがNEW YORKかなと。

今月のgeekです。

お楽しみください。





パーソナルカラー by ダッキー

あけましておめでとうおめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。ダッキーです。

2017年度1発目ということで原点回帰

ちょうど1年前に書かしてもらった

パーソナルカラーについて改めて書かしてもらおうと思います。

パーソナルカラーって、「フォーシーズン分類法」と呼ばれる、
四季(Spring・Summer・Autumn・Winter)に例えた4つの色のグループから、
似合う色のグループを見つけます。

今回はヘアカラーも少し絡ましていきたいともいます。

※似合う色ですので、この色は絶対ダメなどではありません。

参考程度に見ていただければ幸いです。


Springタイプ

【肌】イエローのアンダートーンを持つ明るい肌色。
【頬・唇】ピーチ系の赤み。
【瞳】ゴールデンブラウン、ダークブラウン、ソフトブラウン。くすみのないはっきりと澄んだ色味。
【髪】黒、ブラウン、ソフトブラウン、ダークブラウン。


似合うヘアカラー
赤みを抑えた、明るい色。
ベージュ
黄味のブラウン
グリーン系など。



Summerタイプ

【肌】ブルーのアンダートーン。
【頬・唇】ピンク・ローズ系の色。
【瞳】ソフトなブラウン。ローズ・ダーク・グレイッシュなども。くすんだ色味が特徴。
【髪】黒髪、ブラウン。ブラウンはアッシュ、ソフト、ダークなど、いずれも柔らかくくすんだ色味。

似合うヘアカラー
やや赤みのある、明るい色〜少し暗い色。
レッド・ピンク系
ベージュ
少し暗めブラウンなど。



Autumnタイプ  

【肌】イエローのアンダートーン。
【頬・唇】アプリコットやオレンジ系の赤。
【瞳】ダークブラウン、焦げ茶、ゴールデンブラウンなど。黄みや茶色味などの色味、落ち着いた深みが特徴。
【髪】茶、黒。黒い場合は赤や茶の色味がある。茶はダークブラウン、栗色、ゴールデンベージュなど、いずれもくすんだ、マット感のある色味。

似合うヘアカラー
赤みを抑えた、やや明るい色〜暗めの色。
緑〜黄味寄りのブラウン
アッシュ系
グリーンなど。



Winterタイプ  

【肌】ブルーのアンダートーンで、肌に赤み・青みが強く見られる。
【瞳】焦げ茶、茶、黒など、はっきりとした虹彩の色み。
【髪】茶色、焦げ茶、黒。茶色の場合は灰色がかったもの、焦げ茶、黒髪の場合は赤や青の強い色味が表れることも。


似合うヘアカラー
やや赤みのある、少し明るい色〜暗めの色。
赤みのあるブラウン
オレンジ
レッド系など。




前回のPersonal Color by ダッキーといっしょに見てもらうと


よりわかりやすい思います。


以上ダッキーでした。

Smart by Satake

佐竹です。

年末年始は高井さんのお母さんに譲ってもらったsmartで宮城帰りました。

街を走ってても、止まってても、大人も、子供も、みんなsmartを見て笑顔になってたり、指差して笑ってました。

地元のおじいちゃん達にも人気ものでした。

ただ目立つ車なだけではないと思います。

高井さんが、smartの1番すごいことは、サイズをデザインしたことだって言ってました。

新しい概念をこの世に生み出したんです。

仏教が生まれた時や、海を越えて日本に来たとき、人々は新しい思想や哲学に希望を持ってたんだと思います。

そして、時が経って、日本においては、宗教はもういらないよねってなっていた

でも、今また、人間の心の退化に気付いてきた人達が、宗教って新しいねって言ってる。

もっとアップデートして、そうゆう人達に伝わるような伝え方を見つけて行かないといけないと思いました。

去年、geekでそれをチャレンジしてきたけど、もっとイケる気がしてます。

ライバルはsmartです。

今年の目標です。




〈今月の真美〉

Hair make Vol.13 by Asumi

ciaterのAsumiです。

明けましておめでとうございます!
本年も皆様どうぞ宜しくお願い致します^ ^


年が変わって、1月2日TOMFORD(トムフォード)から新しいミニリップが全30色!発売されましたね〜


シャネルやディオール、サンローランでもせいぜい¥4,000前後なのに対して
トムフォードのリップは¥6,000+taxとややお高め。

その分なんせ、色味のセンスが抜群 ♡

繊細で、上品で、女性を魅力的に演出してくれる大好きなアイテム。


今回のミニリップ、その名も

『リップス アンド ボーイズ』

30色それぞれにトムが今まで影響を受けた男性、親しい男性、尊敬する男性の名前が付けられているんだとか。

なんとも小洒落たネーミングですよね (^_-)

デートする男性は一人じゃなくていいでしょう?ってメッセージも込められているそう。笑



ちょっとお高いお洒落な口紅。

ホワイトデーや記念日など、男性はちょっとしたプレゼントにあげると とっても喜ばれると思いますよ〜。笑
色選びだけは慎重に。
困ったらご相談下さい ○

女性はベース類と、アイシャドウ、チーク、リップなどの色ものには良いものを使いたいですね。
ファッションで言う、 靴や アウター みたいな感じで。


ベースは清潔感。
色ものは品に出ます。

光り方や色味で一気にチープになったり、下品になったり。
そうなるとせっかくのメイクも逆効果ですよね


マスカラやアイライナーは消耗品なので、プチプラの持ちの良いものを選ぶのが上手なお金のかけ方かなーと思います ○



そして最近ワタシは髪をばっさり切りまして、男の子にならないよーに、
メイクバランスに気をつける日々です ○笑

髪型変わるとほんとにメイクも変えなきゃバランス取れないですね!

髪も メイクも新しくするとワクワクします^ ^


オススメ映画 by Matsuno

マツノです。

明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いします。

先月高井さんにオススメ映画のこと書いてって言われて完全に忘れてたので今回は書いていこうと思います。

〈素晴らしきかな人生〉 1954公開 監督:フランクキャプラ


1950年代くらいの作品で人生に迷ってる人に見て欲しいです。
人の支えというか家族・友人の暖かさがよく分かります。
公開当時は人気なかったみたいですけど徐々に人気出てきてアメリカではXmasイブに家族で観るのが習慣になってみたいです。
監督はアメリカの良心と言われているフランクキャプラです。
すごい古い映画でモノクロやし最初は どんなやろって思いながらみましたけど最後は号泣でした。
----

〈フェイス〉1999年制作 監督:アントニオバード


僕が中学生の時にイギリス映画にハマってたときに観た作品です。
因みにイギリス映画でしかも単館系にハマってる自分にその当時は酔ってました笑
ストーリーは造幣局を襲う強盗団の話しでそれに関わる仲間・家族模様を書いてます。
主演のロバート・カーライルの哀愁がカッコ良くて、あとブラーのデーモンアルバーンがちょい役で出てます。
このロバートカーライルはトレインスポッティングのベグビー役の俳優で他も色々出てます。
サントラもめちゃくちゃ良くて男泣き必死です!
ストーリー・俳優・音楽すべて良いです。
----

〈アンナマデリーナ〉 1998年公開


高校生の時に気になってた女の子と見に行きました。
ここでも単館系の映画セレクトするなんて俺ほんまオシャレやわっと思ってました笑
今考えたらめっちゃ寒いしもっと一般受けする映画行っとけや!と思います・・・(でも内容は面白い)
主演が金城武・ケリーチャン・アローンクオックと豪華メンバーで男2女1の話しです。
簡潔にいうと三角関係の話しでロマンティックで切ない系ですかね。
金城武が珍しくモテなくて繊細な男の役で恋に悩む青年を上手く演じてます。
カメオ出演でレスリーチャン・アニタユンが出てたり、映像もキレイでオムニバス形式で、ファッションも90年代で今見るとちょうどいいタイミングだと思います~
----

<ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア>1999年公開 ドイツ映画


とりあえず観て下さい!
めっちゃくちゃカッコいいですので‼︎
----

あと結構オススメあるんですけど長くなってしまうのでタイトルだけ。

・アキカウリスマキの全作品(レニングラードカウボーイズも含む)
・探偵濱マイク(映画版のみに限る)
・ウェスアンダーソン全作品(オリーブ好きな人にオススメです)
・エターナルサンシャイン(結構ベタですけど大好きです!)

みなさんはどんな映画が好きですか?
オススメ映画あれば教えてください。

ではこのへんで〜

オススメバイク by Maeda

明けましておめでとうございます。

前田です。

今年最初のギークは原点に戻り、オススメバイクについて書きます。

バイクと言えばイタリア、というイメージがあります。

何故か?と言われると分からないですけど、ちょいワルオヤジが乗ってるイメージがあったり、バイクメーカーがかなり多いのも関係してるかもしれません。

その数あるイタリアのバイクメーカーの中でも老舗のモトグッツィのV7RACERは僕の憧れです。


ほれぼれする格好良さです。

ミラータンク、縦置きエンジン、太いタイヤ、重量感、1人用シート、ヨダレが出てきます。

ここまで来るともうバイクの性能なんかどうでもいいです。

問題なのはこのバイクに乗るときのファッションです。

洋服のセンスが無い人が乗ると大火傷します。

日本人でこのバイクを似合わせる人はかなり少ないと思います。

歳に頼りたくはないですが、僕の場合だと50歳過ぎてからじゃないと似合わないと思います。

ちょっと白髪が混じっていて、サングラス着用、どんなに寒くてもダウンは着ないでピッタリめに革ジャンで決めて(ただしハーレー乗りの様な野暮ったさは無しで)体はもちろんバキバキに鍛えているナイスミドルになってから購入したいと思います。

頑張ります。

スポーツ by Taro

今回はスポーツについてですが、“体を動かすと気持ちいい”というような、フワッとしたスポーツのススメではないです。

ゴス的一人っ子さる君の考えるスポーツについて書いていきたいと思います。

先日、今年の初出勤の通勤で大阪の長居公園を自転車で通った時に、変な光景を見ました。

お正月も早々に、体育会の高校生30人くらいが筋トレを地面でしていたのですが、その周りを、とてもエラそうなおばさん3人が、にらみをきかせている風景です。

腕を組んで、なにかよくわからないけど、けしからん、というふうに。

その画がなくて申し訳ないんですが、いわゆる体育会系のそれを見て、変だと思ったわけです。

もちろん指導者として、良かれと思ってそうなっているのでしょうけど、変な違和感がありました。

必要以上にエラそうというか。

正月から部員達になかなか酷な練習を強いてるけど、あんた、自分は何様なの?ってつっこみをいれたくなるような。

部員が反発したら、絶対に止められないだろうな、、というか。

何でそこまで、エラそうに、また厳しい風にするのかな、それって目標達成や向上の為に、絶対必要なものではないんじゃないか、と思います。

そして、そのエラそうな態度の中に迷いが全然ないように見えます。

そういう場面って、結構ないでしょうか。

上の立場に立った人が、あまり何の考えもなく、必要以上に支配的になる場面です。

小学校では、自分はモテない教師が、モテなさそうな子どもをけなします。

自分は、学力がなかった担任が、学力の上がらない子どもをなげきます。

そういう場面。

そういう場面って変えていくのはなかなか難しいと思うんですが、がんばって変えていきたいと思います。

おかしいし、変だし、いけてないから。

でも、そう簡単にはいかないのは、

麻痺や恐怖心といったものが、無言のうちに人から人に伝染していくからなんだろうと、思うからです。 

必要以上に支配的な人は、いろんな部分で麻痺してるように思います。

変な神話のようなものを、考えもせず、頭の先から足の爪まで受け入れて、迷いなく体いっぱいに表現している(笑)

変な神話というのは、“年功序列”“表面的な学力観”“薄っぺらな公共性”“声のでかいやつが勝つ道徳心”などです。

やっかいなのが、その人は良かれと思って、無意識な表現で、支配的になっていること、だと思います。

麻痺しているから。

逆に言えば、そこまで麻痺させないと自分や立場が保てなくなると感じてるのかな。

かわいそうとも思います。

また、自分はそのように育てられてきて、そのイズムの様なものには何かわからないけど抗ってはいけないという、恐怖心も、そこにはあるんじゃないかな。

そういう指導者に対して、子どもはあまはらなすすべなく、従うと思うし、さらにそきには、集団心理が働くので、またやっかいです。

指導者が、恐怖心と麻痺が故に拠り所にしている、変な考え方に、子どもはあまり抗えず、言うことを聞き、さらに集団心理によって、その子どもが媒介となり、それを伝染させていく。

その方が、ラクだから。

そのようにして、しょうもない体育会系がつくられる。

麻痺や恐怖が伝わっていくというのは、そういうことだと思うわけです。

さらに面白いのは、そんな変な場で語られる言葉は、薄っぺらい聞こえだけのいい道徳ですから、やっぱり変ですよね。

そういったことをつらつらと考えたんですが、対抗策はあるかなって思ったら、反逆精神と、あとはマーケティング(フワッとした使い方ですいません。。)かなあと思いました。

「それはおかしいでしょ!」
という直感に従う素直さと、
その衝動をいかにして上手いこと伝染させていくのかを、注意深く、勇気を持って実践させていくマーケティングです。

今の僕らが問題意識をかかえながら、体を動かすことです。

ジムに行って、腹筋を8個に割ることです。(それぞれの課題)

課題達成し続けて、それで必要以上にエラそうになりません。

トレーニングも服でテンションあげて。

誰か忘れましたが、朝イチで、爆音でクラシックかけながら、ハードウエイトをすると、ハラの奥まで音楽が流れ込んでくると言っていました。

トレーニングが終わったら、いい仕事をするなり、ビールを飲むなり、したらいいんじゃないかと思います。

そういうスポーツ観を伝染させていきたいと、少し考えました。

それは、今の僕らにしか出来ないことなんじゃないかな。